賃貸のこと一緒に考えよう!!アパート、マンション、一人暮らし

大阪の賃貸で生活すると

現在でも地方都市などでは、昔からずっとその場所で生活しているという人も多い様ですね。

しかし、大阪の一人暮らし向けの賃貸では、人の入れ代わりが激しく、自治体に入って近所の人と親しく付き合うという機会もあまりない事もあるそうです。

ですので、人付き合いが苦手だという人などは、大阪の賃貸などはいいかもしれませんね。大阪でも地域や物件などにもよる場合もあるかと思います。

逆に賃貸ではいろんな人が入居しているので、隣人の事まであまり把握しておらず、外部の人がマンションなどに侵入しても気が付きにくい、などという事も考えられます。

いい面もそうではない面もある様ですね。

レンタルオフィス

仕事をする場所について不自由はなくても、レンタルオフィスで仕事をしていると備品の置き場所について困る事も出てくる様です。

そこで、一部のレンタルオフィスにおいては、デスクとは別にロッカーを貸し出している所もある様です。

施錠できるロッカーがあればとても便利ですね、多くのスペースを共有するレンタルオフィスは、どんな人が出入りするかわかりませんので、プライバシーを守る事ができる場所というのはとても貴重になる事もあるでしょう。

仕事スペースを確認するだけではなくて、ロッカーの大きさや施錠が可能かどうか、などという事についても確認してから入居を決定する様にしたいですね。

不動産購入、売却

結婚した後も親と同居したいのであれば、二世帯住宅の不動産が便利かもしれません。

二世帯住宅の不動産にはいろんな間取りが考えられます。相手の親に気を使う、などという事からできるだけ子供夫婦と親夫婦が別に生活できる様に、考えられている間取りを希望する人も多い様ですね。

逆に共有する場所を多くする事もできる様です。キッチンやお風呂など共有する場所が多い場合には、何かと気を使う事も多いでしょう。

しかし、同じ建物の中に住んでいるといつでも好きな時に会いにいく事ができますね。また、結果として安心にもつながる事でしょう。

子供がいると、すぐにおじいちゃんやおばあちゃんに会えますし育児の悩みを相談しやすいですね。

時には交渉が必要な不動産売却における条件

一例ですが、不動産売却の際には買い手から条件を緩和してほしいという事で、価格を安くしてほしい、早く引越しがしたいので引き渡しを早めてほしい、などという事で条件の交渉に応じないといけない場面も出てくるかと思います。

しかし、不動産売却においてすべて買い手の言う通りに応じてしまうのではなく、変更できない条件もあるかと思います。そのあたりは、話をする中できちんと自分の意見も伝えていく様にしたいですね。

時には部分的に応じる事も場合により求められるかと思います。不動産売却ではどこまで対応するのかという事も重要になってくるかと思います。よく考えて判断する様にしたいですね。